探偵に依頼することにより、心に抱える不安を解消する

誤解を解いて理解

ヘッドセットを付けた女性

色々と誤解される理由はあると思います

日本では探偵というお仕事が大分誤解されている印象があります。 それは、どれがどうと指す訳ではないのですが日本では漫画やアニメや小説分野における探偵のイメージの一人歩きの結果でもあるのかもしれないという印象があります。 中には探偵の本当の仕事内容を取り扱った創作作品なども多々あるのですが、それでもやはり「事件に赴き犯人を名推理で探し当てる」みたいな事が主方針の仕事であるみたいな誤解があると思います。 実際の探偵のお仕事とは、どちらかというと「何でも屋」の一種みたいなお仕事と言えます。 ただ、それはその探偵が属する興信所の方針や業務内容によりけりと言えます。 探偵とは、興信所に属する人材を指し、そしてこの興信所の行う仕事とは名推理をするのがお仕事という訳でもありません。

人脈をフルに活かしたお仕事が探偵

前述にて何でも屋と比喩しましたが、これは大雑把に言っても文字通りとなります。 それが意味するのは興信所が依頼者から引き受けるお仕事の内容が基本的には色々と千差万別で、時には仲介役を引き受けるからでもあります。 分かりやすい例で言えば「迷子の犬探し」などのお仕事から、「妻(旦那)の浮気調査」なども人によっては探偵のお仕事だというのは知っているかもしれません。 ですが、依頼者の相談内容が「親族の不明資産の身辺整理」みたいなケースもあります。 これは興信所が何でも屋の様に仕事を引き受けこなす為に起きるパターンです。 そしてこの場合においては、興信所が行うのは弁護士や税理士などの方々のパイプやツテやコネを用いた仲介役としての仕事です。 これに類するパターンはケース次第ですが多く、意外と興信所が仲介役となる事も多々あるお仕事です。 ただ、時には親族の調査も行うのが込みとなる、これが探偵のお仕事の部分と言えます。 この様に探偵というお仕事は依頼者があって初めて成り立つ、どこにでもあるお仕事の1つなのです。 自分から事件(案件)に赴くのは事実ですが、それは依頼者が居るから成り立つ因果関係と言えます。